銀行でお金を借りる方法

銀行でお金を借りる

キャッシングやカードローンを提供する会社には、大きく分けて「銀行系」「消費者金融系」「信販系」の3つがあります。それぞれの会社や商品内容に、特徴と違いがありますので、いかに自分に合った先を選び出すのかが重要になってきます。ここでは、そのうちの「銀行系」キャッシング・カードローンの特徴を見てみましょう。

 

銀行は、顧客から「預金」を預かり、そのお金を「融資」で運用することで利益を上げています。銀行の融資部門は、これまでは法人向けの大口融資に重点をおいてきました。しかし、最近の個人金融の多角化に伴い、個人向け融資に対しても各行が注力を挙げるようになっています。

 

銀行系のキャッシングやカードローンの大きな魅力が、金利の低さです。もともと「預金」を預かることから、資金力と資本力が、一般企業に比較するとずば抜けているのが銀行です。豊富な資金力が、低金利を実現可能にしており、他の「消費者金融系」「信販系」の商品と比較しても、はるかに低金利で利用することができます。

 

借りることのできる借入限度額も、他の2つと比較すると高めに設定されます。ここでも、豊富な資金力がものをいうのです。

 

その分、審査面では、他の2つの商品に比べると厳しく判断される傾向にあります。バブル経済の崩壊以降、多大な不良債権問題に苦しめらてきた銀行です。同じ過ちを繰り返すわけには、いかないのです。特に、既に複数の先に借入を抱えている方では、審査に合格することが難しいのが銀行融資です。

 

それでも、普段から利用する機会の多い銀行ですので、安心感を持つ方も多いのではないでしょうか。審査が厳しいとはいっても、多重債務者などを防ぐために必要なことです。返済に問題がないと判断されると、限度額を大きくするなど、むしろ積極的に貸出を行ってくれます。

 

また、銀行融資は「総量規制」の対象外となっています。「年収の3分の1」という明確な制限に引っ掛かる方でも利用できる可能性があります。事実、多くの銀行が「総量規制対象外」であることを大々的に宣伝しています。ただし、あくまでも借入ですので、自分の能力を越える借入は控えるようにしましょう。

 

近年急速にシェアを拡大しているのが「ネット銀行」のキャッシングやカードローンです。インターネットで個人融資について調べてみると、多くのネット銀行の商品が紹介されていることに気づくでしょう。

 

ネット銀行の最大の特徴は、ほとんど有人店舗を持たないことにあります。その分人件費や管理費などの費用負担がありませんので、融資利率も低金利が可能になっています。一般的な銀行のキャッシングやカードローンよりもさらに低金利で利用できる点が、大きな魅力となり、顧客を集めることにつながっています。

 

もちろん申込から契約、返済まですべてインターネットで取扱可能です。来店不要で、即日融資にも対応していることから、多忙な方、どうしても当日中にお金が必要な方でも、利用価値の高い商品ラインナップとなっています。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円 オリックス銀行カードローンは
カード発行後、最短即日融資可能
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)